自分らしい葬儀を実現するためにできること

葬儀というのは昔は決まった形式通りに行うものという印象が強くありました。しかし、今はそういった人だけでなく自分の理想とする形の葬儀をしたい、最後まで自分らしくありたいという人が増えています。そのため遺影や斎場の装飾についても生前から希望を出すという人も多いです。それ以外にも葬儀にあたっては誰を呼んでほしいとか、どういった曲をかけてほしいとか希望を持っている人もいます。できるだけお金をかけたくない、家族への負担をかけたくない、といった人もいますし、最近では葬儀はしなくていい、火葬のみでいいといった考えの人もおり、人によって優先順位ややりたいことは様々です。

そういった希望は生前に家族に伝えておくことはもちろんですが、葬儀社に問い合わせて可能かどうかを聞いておくことも大切になります。内容によっては葬儀社も対応できない場合がありますし、前例がない場合には相談も必要です。

このような理想の葬儀を執り行うために天光社(https://1000kaze.jp/)は事前の相談はもちろんですが、葬儀の際にも可能な限り対応できるようにという配慮がされています。最後のお別れですから悔いなく満足できるものにできるように、とスタッフもベストを尽くしてくれます。予算や葬儀内容、対応できる斎場など幅広い相談に乗ってもらえるため理想としている葬儀に近づけることが可能です。もちろん、急な葬儀でも安心して任せられるよう天光社(https://1000kaze.jp/)では万全の体制が整えられています。信頼して任せられる葬儀社で故人を送り出してあげましょう。