後悔のない葬儀をするなら事前相談が大切

死人に口なし、という言葉がありますが、人は亡くなってから自分の思っていることをだれかに伝えるということができません。そのため、人が亡くなると遺族は、きっとこうすることがいいだろうと考えて葬儀の段取りを進めていきます。ただ、これは故人の意思通りの葬儀になるとは限らないので注意が必要です。

そこで、最近では葬儀の事前相談をする人が増えています。事前相談をすることで自分の葬儀にどのくらいの人を呼ぶことができるのか、誰に参列して欲しいのか、費用はどうやって捻出すればいいのか、といった遺族の多くが困る部分を決めておくことができます。遺族への負担も軽減し、自分にとって理想の形での葬儀が実現できます。

葬儀は多様化しており、家族葬や生前葬など様々な形があります。また新しい形が選ばれることも増えてきています。ただ、一般的な葬儀形式だけでなく人によっては少しアレンジをしたいと思う部分もあるでしょう。そういったことを事前相談で可能かどうか確認しておくと、エンディングノートや遺言書で葬儀の内容についても指示をすることができます。

遺族は故人の意思を尊重したいものですし、理想と思っている形で送り出したいものです。そのため生前にどのような形での葬儀を希望しているのか聞いておくことができれば理想の形での送り出しができます。そこで、天光社(https://1000kaze.jp/)では生前相談を開催しており、希望者に対しては葬儀プランの生前契約も行っています。生前契約を行っておけば亡くなった際にその旨を天光社(https://1000kaze.jp/)に連絡すれば最低限の労力で葬儀が執り行えます。